EasyISTR

Front ISTRをMS Windows上で手軽に使う方法の講習会があった。講師は岐阜高専の柴田先生。形状モデル作成とメッシュ作成はSalomeで、ポスト処理はParaviewを使うものであった。

EasyISTRというGUIで、Salome -> Front ISTR -> Paraviewがスムーズにつながっている。Salomeからは メッシュ、境界情報を.unv形式で出力し、それを用いて、EasyISTRで Front ISTRのデータを作成し、解析実行する。結果は、EasyISTRがParaviewで読めるように変換し、Parviewを起動するようになっている。

What's New

パーソナル3Dプリポスト

GiD 13発売中

 

2016年6月より、Version 13が発売になりました。

 GiDによるメッシュ作成例

コンタクト