三次元解析の手順

 建物の三次元解析について話です。

 

解析フロー

解析は、解析目的、対象を明らかにすることから始まります。まず、解析する対象物を把握し、どのような解析モデルにするかを決定します。

次に解析モデル(形状)を作成し、これを解析できる形(計算モデル=メッシュ)にします。これに境界条件、材料物性、解析方法を設定して、解析の実施になります。

ここでは、まず、形状モデルの作成と、計算モデルの作成について検討しています。

モデルデータの作成

三次元解析作業は、三次元モデルの作成から始まります。解析に用いるモデルは、有限要素法であればメッシュモデルです。

 前者をCADモデルと呼び、後者をCAEモデルと呼ぶことにし、それぞれのタブのところで、検討していきます。

結果処理は、建設分野ではFemapが良く使われているようです。ここでは、GiDの例も示す予定です。

What's New

パーソナル3Dプリポスト

GiD 13発売中

 

2016年6月より、Version 13が発売になりました。

 GiDによるメッシュ作成例

コンタクト