その三次元解析は、正しいの?

三次元モデルの解析がだいぶん普及してきました。

 

でも、「その解析を信用していいの?」と聞かれると、どうやって「正しい」と説明しますか?

その説明をするために、V & V(Verification and Validation)が求められるようになってきました。

 

計算工学会ではこのやり方についてHQC-001, HQC-002というガイドラインを示しています。

 

その中で、実務で大切なのが、解析仕様書、計画書です。が、しっかりとした仕様書、計画書が作られている例は少ないでしょう。数枚の図でこんな解析でいくらかで出来るかと口頭で尋ねられることが大半です。

 計算工学会では、工学シミュレーションの品質管理に関する資料を発行しています。解析マネジメント、品質管理、解析事例などについて説明されています。

「工学シミュレーションの標準手順」

計算工学会より、

・「工学シミュレーションの品質マネジメント」第2版(JSCES S-HQC001:2014)

・「工学シミュレーションの標準手順」第2版(JSCES S-HQC002:2015)

・「学会標準(HQC001&002)事例集」( JSCES-HQC003:2015)

が、発売になっています。HQC003:2015には、原子炉建屋の三次元解析モデルが取り上げられています。

 

V&V事例

計算工学会より、学会標準が発行されています。


HQC001「工学シミュレーションの品質マネジメント」
HQC002「工学シミュレーションの標準手順」


まもなく、HQC003で、事例集が発行されます。原子炉建屋のモデリング、自動車の解析などの事例が掲載予定です。


What's New

パーソナル3Dプリポスト

GiD 13発売中

 

2016年6月より、Version 13が発売になりました。

 GiDによるメッシュ作成例

コンタクト